2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メッセージ

  • メッセージ送信

13 手作りごはん(なんちゃって生食)

2014年9月16日 (火)

うちのわんごはん


生食(根菜は蒸してます)なので鹿肉10kg220gに小分けして業務用冷凍庫に入れます。 1020140915


上はオートミールを焚いてフープロかけて冷凍。1日がんばって保存できるようにしてあとは自然解凍です、低体重なので炭水化物でカロリーをとります。 1720140915



にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ
にほんブログ村

2014年4月 8日 (火)

獣医師について

 獣医師話の続き。
リッキーの主治医は質問したらいろいろ教えてくれるし、セミナーなんかでも勉強しておられます。生食でも「これの動物とこの動物は同じ種だからやめた方がいい」とか「とりと豚は加熱」「生肉は10日ほど冷凍してから」とか細かく指示してくれます。アレルギー遮断剤と、抗ヒスタミン剤(環境アレルギー用に)は使っているけど、ステロイドは使わない。除去食とシャンプーでコントロール
 
 他の動物の毛を吸入したりして、あまりにひどくなったときは単発でステロイド注射。発熱しますもんで。どこか行く時はあらかじめ予防に抗ヒスタミンを打つようになってます。。。でもそこまでして行くか??とも思うので、ペット博と、わんこ運動会くらいです。ペット博は鳥さんとか豚さんの毛、ほこりで反応します。今年は体調良ければちょこっとだけ行くかも。。。でも人多いし考え中

 いろいろ勉強している獣医さんはやはり頼りになります!一緒に考えてくれます。他へ行くと怖がってストレスで発熱&Pするし、命にかかわらない限り、夜間も行かないと思います。

 そして最初から言っていることは、無理な延命はしない。人間で言う尊厳死を望みます。痛みで苦しむような病気になったら、緩和治療しかしません。最初からの約束です。酸素ハウスなんかは病院でレンタルを手配してくれるらしい。病院では死なさない。そして最期とわかると、家で看取るよう声をかけてくれる病院です。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ

2014年3月 4日 (火)

製造ライン

製造ラインが同じではいけないと言うことは、食べ物、たとえば

鹿、馬なんかが食べているものにも気をつけなくてはいけないらし

い。今ワニの肉とかも売っているけれど(高くて手が出ないけど)

ワ二は、鶏とか他の動物を食べるのでNG。かえるは寄生虫がいる

のでNG.たとえ加熱しても。。。て加熱する勇気はないけれど、

寄生虫にアレルギーあったらアウト。ラパン(うさぎ)はだいたい

骨も内臓も入ったものがペット用であるけど、内臓はリッキーはだ

めなのでNG.骨も髄があるのでNG,
同じ鹿でもベニソンは思い切り蕁麻疹出たしエゾシカも今一。兵庫

のはアレルギー出た。使えるのは産地限定なのですが、やはり鹿さ

んの食べ物や生息環境かな?
 らくだ肉もあるそうだけれど、限りなく牛に近いのでNG.クジ

ラはもとは牛に近いけれど、なぜか大丈夫。これこそクジラのたべ

ものかな?でも長くなると抗体価が上がり反応してくるので、短期

で鹿とのローテをします。
 さつまいもとじゃがいもは違うけれどじゃがいもに反応あるので

いすれ出るかもとのこと。抗体価上がる前にローテします。出たら

少なくとも半年完全除去します。
交差反応(似たたんぱく質に反応)もかなり関係あるみたい。じゃ

がいもだめなので、りんごもだめです。キャベツがだめなので大根

もNG.
 頭ぐちゃぐちゃになります。。。