2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メッセージ

  • メッセージ送信

« アレルギー検査で財布はからっぽ~~ | トップページ | オビディエンス »

2014年3月 2日 (日)

いろいろなこと リッキーの体質

 よく「ちえさんとこ行ってなければリッキーは今頃生きてなかった」と言われます。。。が、神経質な対応がかえって病気を呼んだのかとも思う。特にアレルギー性の腸炎。

 リハビリがストレスでの可能性もあるけど、かと言って、やめたら一気に筋肉落ちるし、足も変な方向を向く。行けば行ったで、動物用トレッドミルに自分から乗り「動かせ」とねだる。そしてどや顔になります。オビディエンスではロッティがやっている間はクレートに入ってますが「おれがもっとやる」とアピールをする。こんなの見てたら楽しいのだろうと、勝手に思います。
 獣医さん宅で保護されていたのだから、なにかあればすぐに治療はしてくれたはず。
 かわいがってはくれてたと思うけど、1歳まで、外界とは隔離状態だったから、ケンネルシャイは完全には克服していません。
 アレルギ...ーは、たまたまわたしが、どうしても詳しくならざるを得ない仕事なので、つぼにはまった感じですね。アレルギー検査結果報告書見て、意味がわかるし、主治医も詳しく説明してくれる。療法食の危険も教えてくれるし、生食は主治医の勧め。
 除去食の意味もわかるし、アレルゲン入っているものと製造ラインが同じでも除去。なんてのも普通考えないかも。最近製造ラインを独立させたフードが出たけど、わたしとしては「当然でしょ!」だし、いくら細かく蛋白が分解されていても原材料としては変わらないからNG.よって、今の段階で安心して食べられるものはない。。なんて言うのも主治医に言われました。「あれは検査したくない人用」らしい。てづくりをきちんと(かどうかわからないけど)できる人には療法食はよくないと伝えてくれている。
 最近アレルギー多いのも、親犬がフード食べてた。離乳食がフードだった、と言うのに原因があるらしいのも聞きました。
 もしどうしても与えるなら1週間で食べきれる量を購入する。

 上のようにたまたま主治医が割合進んだ考えと言うのもあります。狂犬病の副反応の理由も教えてくれました。
 混合ワクチンもしかり。打たない手もあるけど、リッキーの場合も感染したら、治療薬に耐えられないので打たないと言うことはできません、
ステロイドも長期や大量は使えません。

 フロントラインも同じく。のみ、ダニに強いアレルギーがあるので、もし咬まれたら、2次感染間違いなし。


 たまたま、うちに来たのは運命か??選ばれたか?しっかし諭吉さんも連れてきてくれたらいいけど、無理だしね。すっごい家で家出してはります。 にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ

« アレルギー検査で財布はからっぽ~~ | トップページ | オビディエンス »

00 Mシュナウザー」カテゴリの記事

02 リッキー」カテゴリの記事

04 動物病院」カテゴリの記事

07 アレルギー」カテゴリの記事

08 膝蓋骨脱臼」カテゴリの記事

09 股関節形成不全」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アレルギー検査で財布はからっぽ~~ | トップページ | オビディエンス »