2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メッセージ

  • メッセージ送信

« 2014年3月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年4月

2014年4月21日 (月)

動画UPあんど、牛乳パック製作

牛乳パック製作。
薬の種類が多いので薬入れ。そしてキッチンの小物入れ。
作り方よろしかったらUPします。製作時間20分。

Img_20140420_212010612

Img_20140420_212203111

Img_20140420_214021923

動画~~!!まずはサーカス修行。

へっぴり腰ですな。

スラ練習

成功! 気持ちよか~ にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

2014年4月19日 (土)

歯磨き用品

歯磨き用品

20140419001001_2

牛乳パックで作った箱に収納

20140419001004_2
ペットクールはひげや口角についた消毒剤を拭きます。
キッチンペーパーもそのため。
ミニ歯ブラシはガブリンする子は危ないと思います。
ベビー用綿棒は歯と歯の間の大きなすきまを消毒します。
少しサボるとすぐ戻ってしまします。
最初歯ブラシの時間が近くなると消えたリッキーですが、今は前に来て待ってます。
フィンガークロス(オーガニックコットン)はマッサージ用。

イソジンはエタノールも入っているので合わない子は使わないでくださいね。

方法は
1 歯磨きを丁寧にする。歯間もね。
2 歯肉マッサージ(クロスはぬらす)
3 優しく消毒、広い歯間はベビー綿棒で。
  一度口内に入れた棉球や綿棒は消毒剤に歯つけず、新しいのを使ってくださ   い。ばい菌が消毒剤に入ります。

歯磨き後、ペットクールをたっぷりつけて、ひげや口角を拭くと、茶色くなってきてても、綺麗になってくることありますよ~~。

20140418001002_2

<a href="http://dog.blogmura.com/dog_health/ranking_out.html"><img src="http://dog.blogmura.com/dog_health/img/originalimg/0000545340.jpg"  width="200" height="179" border="0" alt="にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ" /></a>

<a href="http://dog.blogmura.com/minischnauzer/ranking_out.html"><img src="http://dog.blogmura.com/minischnauzer/img/originalimg/0000545345.jpg"  width="200" height="224" border="0" alt="にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ" /></a>

2014年4月11日 (金)

歯ははは\(^O^)/

 よし!りったん。歯の温存決定!毎日歯磨きして消毒して、歯がとてもきれになったと言われました。歯肉もマッサージ続ければ再生するそうです。 ぐらぐらの歯もしっかりしてきました。  先日の高熱と全身症状は歯周病からの影響の可能性が大きいようです。 今日はフィラリア検査もしました。ついでにCRPなんかも調べ、すべて正常と言いたいけれど白血球が少なく、感染症を起こしやすいらしいです。あまり犬がいるところは行けませんね。でも赤血球は正常で、骨髄抑制はなし。蛋白もOK!よかった~~。2人とも今月からフィラリア薬投与です。  ろったんは、陰部の毛を刈るとかいかいもましみたいです。やはちちっこしたとき、毛について、陰部がかいかいになるそうです。  しかしリッキーの口腔消毒剤のかほり。。部屋中に残り、ちょっと気持ち悪いです。ドクターの同じこと言ってました。 にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ

2014年4月 8日 (火)

獣医師について

 獣医師話の続き。
リッキーの主治医は質問したらいろいろ教えてくれるし、セミナーなんかでも勉強しておられます。生食でも「これの動物とこの動物は同じ種だからやめた方がいい」とか「とりと豚は加熱」「生肉は10日ほど冷凍してから」とか細かく指示してくれます。アレルギー遮断剤と、抗ヒスタミン剤(環境アレルギー用に)は使っているけど、ステロイドは使わない。除去食とシャンプーでコントロール
 
 他の動物の毛を吸入したりして、あまりにひどくなったときは単発でステロイド注射。発熱しますもんで。どこか行く時はあらかじめ予防に抗ヒスタミンを打つようになってます。。。でもそこまでして行くか??とも思うので、ペット博と、わんこ運動会くらいです。ペット博は鳥さんとか豚さんの毛、ほこりで反応します。今年は体調良ければちょこっとだけ行くかも。。。でも人多いし考え中

 いろいろ勉強している獣医さんはやはり頼りになります!一緒に考えてくれます。他へ行くと怖がってストレスで発熱&Pするし、命にかかわらない限り、夜間も行かないと思います。

 そして最初から言っていることは、無理な延命はしない。人間で言う尊厳死を望みます。痛みで苦しむような病気になったら、緩和治療しかしません。最初からの約束です。酸素ハウスなんかは病院でレンタルを手配してくれるらしい。病院では死なさない。そして最期とわかると、家で看取るよう声をかけてくれる病院です。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ

2014年4月 6日 (日)

高度医療

 ○大て機械そろっているけど、画像診断や、診断に問題あるよね。 もう2年行ってない。アドバイスもくれないし、突っ込んで聞いたらまた大きな検査だし。。。しませんけどね。画像診断もしてません。リハビリの病院でCTあるし、なにかあったらそちらです。 体質もかなり特殊だから慣れたところでないと麻酔も怖い。府大は夏休みに行ったらいい実習材料になります。病院ではおとなしいから、心電図も普通にとらせるし、画像診断も楽々。学会発表のモデルもできるよ~~て言われてます。暴れないだけ何されるか怖い。  主治医の病院では保定は飼い主で検査も治療も目の前だから安心です。 でもロッティは暴れん坊だから看護師さんが保定してくれます。今だ、爪切りも耳掃除も看護師さん保定、最初のあばれたおしたイメージのままですな。  でもかわいがられていて、いつも抱っこしてもらうし、声をかけてもらってます。  いくら高度医療センターの名札つけてても、診断できなきゃ意味なし。 まあ「○大の今の獣医学では力になれません」て言われてるから無理はないのです。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ  にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ

« 2014年3月 | トップページ | 2014年6月 »