2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メッセージ

  • メッセージ送信

07 アレルギー

2014年4月 8日 (火)

獣医師について

 獣医師話の続き。
リッキーの主治医は質問したらいろいろ教えてくれるし、セミナーなんかでも勉強しておられます。生食でも「これの動物とこの動物は同じ種だからやめた方がいい」とか「とりと豚は加熱」「生肉は10日ほど冷凍してから」とか細かく指示してくれます。アレルギー遮断剤と、抗ヒスタミン剤(環境アレルギー用に)は使っているけど、ステロイドは使わない。除去食とシャンプーでコントロール
 
 他の動物の毛を吸入したりして、あまりにひどくなったときは単発でステロイド注射。発熱しますもんで。どこか行く時はあらかじめ予防に抗ヒスタミンを打つようになってます。。。でもそこまでして行くか??とも思うので、ペット博と、わんこ運動会くらいです。ペット博は鳥さんとか豚さんの毛、ほこりで反応します。今年は体調良ければちょこっとだけ行くかも。。。でも人多いし考え中

 いろいろ勉強している獣医さんはやはり頼りになります!一緒に考えてくれます。他へ行くと怖がってストレスで発熱&Pするし、命にかかわらない限り、夜間も行かないと思います。

 そして最初から言っていることは、無理な延命はしない。人間で言う尊厳死を望みます。痛みで苦しむような病気になったら、緩和治療しかしません。最初からの約束です。酸素ハウスなんかは病院でレンタルを手配してくれるらしい。病院では死なさない。そして最期とわかると、家で看取るよう声をかけてくれる病院です。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ

2014年4月 6日 (日)

高度医療

 ○大て機械そろっているけど、画像診断や、診断に問題あるよね。 もう2年行ってない。アドバイスもくれないし、突っ込んで聞いたらまた大きな検査だし。。。しませんけどね。画像診断もしてません。リハビリの病院でCTあるし、なにかあったらそちらです。 体質もかなり特殊だから慣れたところでないと麻酔も怖い。府大は夏休みに行ったらいい実習材料になります。病院ではおとなしいから、心電図も普通にとらせるし、画像診断も楽々。学会発表のモデルもできるよ~~て言われてます。暴れないだけ何されるか怖い。  主治医の病院では保定は飼い主で検査も治療も目の前だから安心です。 でもロッティは暴れん坊だから看護師さんが保定してくれます。今だ、爪切りも耳掃除も看護師さん保定、最初のあばれたおしたイメージのままですな。  でもかわいがられていて、いつも抱っこしてもらうし、声をかけてもらってます。  いくら高度医療センターの名札つけてても、診断できなきゃ意味なし。 まあ「○大の今の獣医学では力になれません」て言われてるから無理はないのです。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ  にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ

2014年3月 4日 (火)

製造ライン

製造ラインが同じではいけないと言うことは、食べ物、たとえば

鹿、馬なんかが食べているものにも気をつけなくてはいけないらし

い。今ワニの肉とかも売っているけれど(高くて手が出ないけど)

ワ二は、鶏とか他の動物を食べるのでNG。かえるは寄生虫がいる

のでNG.たとえ加熱しても。。。て加熱する勇気はないけれど、

寄生虫にアレルギーあったらアウト。ラパン(うさぎ)はだいたい

骨も内臓も入ったものがペット用であるけど、内臓はリッキーはだ

めなのでNG.骨も髄があるのでNG,
同じ鹿でもベニソンは思い切り蕁麻疹出たしエゾシカも今一。兵庫

のはアレルギー出た。使えるのは産地限定なのですが、やはり鹿さ

んの食べ物や生息環境かな?
 らくだ肉もあるそうだけれど、限りなく牛に近いのでNG.クジ

ラはもとは牛に近いけれど、なぜか大丈夫。これこそクジラのたべ

ものかな?でも長くなると抗体価が上がり反応してくるので、短期

で鹿とのローテをします。
 さつまいもとじゃがいもは違うけれどじゃがいもに反応あるので

いすれ出るかもとのこと。抗体価上がる前にローテします。出たら

少なくとも半年完全除去します。
交差反応(似たたんぱく質に反応)もかなり関係あるみたい。じゃ

がいもだめなので、りんごもだめです。キャベツがだめなので大根

もNG.
 頭ぐちゃぐちゃになります。。。

2014年3月 2日 (日)

いろいろなこと リッキーの体質

 よく「ちえさんとこ行ってなければリッキーは今頃生きてなかった」と言われます。。。が、神経質な対応がかえって病気を呼んだのかとも思う。特にアレルギー性の腸炎。

 リハビリがストレスでの可能性もあるけど、かと言って、やめたら一気に筋肉落ちるし、足も変な方向を向く。行けば行ったで、動物用トレッドミルに自分から乗り「動かせ」とねだる。そしてどや顔になります。オビディエンスではロッティがやっている間はクレートに入ってますが「おれがもっとやる」とアピールをする。こんなの見てたら楽しいのだろうと、勝手に思います。
 獣医さん宅で保護されていたのだから、なにかあればすぐに治療はしてくれたはず。
 かわいがってはくれてたと思うけど、1歳まで、外界とは隔離状態だったから、ケンネルシャイは完全には克服していません。
 アレルギ...ーは、たまたまわたしが、どうしても詳しくならざるを得ない仕事なので、つぼにはまった感じですね。アレルギー検査結果報告書見て、意味がわかるし、主治医も詳しく説明してくれる。療法食の危険も教えてくれるし、生食は主治医の勧め。
 除去食の意味もわかるし、アレルゲン入っているものと製造ラインが同じでも除去。なんてのも普通考えないかも。最近製造ラインを独立させたフードが出たけど、わたしとしては「当然でしょ!」だし、いくら細かく蛋白が分解されていても原材料としては変わらないからNG.よって、今の段階で安心して食べられるものはない。。なんて言うのも主治医に言われました。「あれは検査したくない人用」らしい。てづくりをきちんと(かどうかわからないけど)できる人には療法食はよくないと伝えてくれている。
 最近アレルギー多いのも、親犬がフード食べてた。離乳食がフードだった、と言うのに原因があるらしいのも聞きました。
 もしどうしても与えるなら1週間で食べきれる量を購入する。

 上のようにたまたま主治医が割合進んだ考えと言うのもあります。狂犬病の副反応の理由も教えてくれました。
 混合ワクチンもしかり。打たない手もあるけど、リッキーの場合も感染したら、治療薬に耐えられないので打たないと言うことはできません、
ステロイドも長期や大量は使えません。

 フロントラインも同じく。のみ、ダニに強いアレルギーがあるので、もし咬まれたら、2次感染間違いなし。


 たまたま、うちに来たのは運命か??選ばれたか?しっかし諭吉さんも連れてきてくれたらいいけど、無理だしね。すっごい家で家出してはります。 にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ

アレルギー検査で財布はからっぽ~~

 アレルギー検査と普通の血液検査。グルーミングで4万7千円ぶ

っ飛んだ(T_T)支払うとき足りるかドキドキしました。
結果はIgeは10日後、リンパ球は2週間後。かなりどきどきし

ます。一般検査では腎臓の値が高く蛋白は低い。蛋白文画の結果は

蛋白すべて平均して低い。結果、やはり腸管かごく少量の出血があ

るのだろうとのこと。これは蛋白質なので、蛋白低下につながって

いる。早く治さないと、再吸収したときに、高蛋白血症になること

もあり、そうなると心臓に影響が出る。。はぁ、、、、、腸管粘膜

の保護剤も出ました。もう、薬でお腹いっぱいになりそうなくらい

飲んでます(半分はサプリだけど)ものによったら、薬かけごはん

拒否るのですよね。さつまいもにまぜまぜしよう。
 クジラは特に反応ない感じで、除去で抗体価が下がっているよう

です。昨日腹バリ入れたとこが湿疹出てます。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ

2014年2月25日 (火)

ちょっと行き詰まり

チョット、イキヅマリ
歯石除去の術前検査で腎臓の数値が高くPCV(赤血球容量)も下

がっていたので再検査しました。やはりPCVは前より低く腎臓の

数値も高い。リパーゼは正常。
好酸球はさほど高くない、
となると腸炎ですこ~~しづつ出血しているかも。。とのこと、原

因がアレルギーが何なのか?好酸球の上がらない免疫反応かも知れ

ないとのこと。体温も38.6度で高め(平熱37.8~38度)
 早めにアレルギー検査して食餌改善がいるかもと言われました。

最近換えたとしたらサクサク粉か??しばらく除去しようかな。消

費税上がる前に検査しようとは思っていたけど早急に必要な感じで

す。
 あと体重が減っているので、クジラ肉をまた少し試すよう言われ

ました。赤身肉だけでは体重にはならないし、食べている割には下

痢で出てしまって蛋白も下がっています。CRP(炎症の数値)も

高い。急性炎症か、慢性のものか調べるため蛋白分画します。
 あああ、また諭吉さまがぁ。。。本犬は気持ちおとなしいかなと

は思うけど(実はドクターに元気あるか聞かれた。熱発中のため)

良く動き食欲もあります

にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ